鯛の里日記

周防大島町沖家室島の民泊体験施設・居酒屋の日常と、宮本民俗学の学びを書きます。

高校の修学旅行は「立山黒部アルペンルート」

f:id:taitanuki:20211017111231j:plain

 

YouTubeで「立山黒部アルペンルート」の文字に目が止まった。高校のときの修学旅行先だ。

夜発の満席「ちくま」に乗り、床に新聞紙を敷いて寝た。着いたのは長野だった。一泊目は上高地眼鏡橋がすぐ近くにあるペンションだった。大正池で写真を撮ったが、のちに関根恵子さんがこの池で写真を撮ったところが週刊誌に出てビックリした。

二泊目は立山連峰のあるロッジだった。確か室堂という地名を覚えている。秋なのに寒かった。安下庄の鍵本くんがストーブの前でたたずんでいた。なんかサマになっている。ヨシ、ワシもマネしたろうとポーズをとった。すると「ショージ、なにへよるんかぼーっとへて」。その声は大川だった。クソ!(××)!。

寝るところは2段ベッドだった。早朝に登山する人は早く寝るようにと言われた。

まだ夜が明けてないころ、山小屋を出た。そんなに多くはなかった。僕は中山くんと連れだった。周防大島のけさび太鼓の代表で今も太鼓を叩いている中山だ。せいぜいまな板しか叩けない僕に比べると大した体力である。

夜が明けて驚いた。眼下に広がる山裾は雄大だった。ぜいぜい高い山といえば白木山くらいしか知らない僕にとっては別世界だった。そこでツーショット。確か雄山といったか。

ああそうだ。そんな話ではなかった。YouTubeを観ていたら北アルプスに「野口五郎岳」というのがあった。岐阜出身のあの歌手の野口五郎はこの山の名からつけたそうだ。

オッサンの高校生のころは御三家と言って、同年代のチョー人気の歌手だった。

西城秀樹

野口五郎

郷ひろみ

その御三家を

西城おでき

野口小五郎

郷エロみ

などと呼び替えていた。まことに失礼なことであった。

コーヒーを淹れるポイント

f:id:taitanuki:20211011092124j:plain

コーヒー焙煎プロのサイトをみると、コーヒーの淹れ方は三つのポイントがあるという。

① 曳く粒の大きさはゴマ粒くらい

② 温度は85度(沸かして2分くらい置く)

③ 最後の数滴は入れない

実践した結果

① 味が薄くなった。煎りが足りないのか量が少ないか。

② 口当たりに角がなくなった。つまりアッチッチは良くない。

③ ようわからん!(^^;)!

とりあえず、もう少し煎ってみよう。

茹で栗

f:id:taitanuki:20211005141612j:plain

f:id:taitanuki:20211005141621j:plain

友人が「生栗があるよ」というのでドッサリもらった

自分で茹でるのは初めて

予想以上に美味かった

炭酸水を使った水出し 恐るべし

f:id:taitanuki:20211003102104j:plain

 

炭酸水を使って水出ししたイリコ・ドンコ・昆布。きのう三日間浸けた出汁について、三日も浸けると炭酸水の場合とそうでない場合はそう大差ないのではないかと書いた。

ところがきょうの四日目、劇的変化が起きた。味もよく出ていたが、トロミが強い。イリコと昆布を取り出して、ドンコは刻んで火を通した。すると画像のように白くにごってきて、アクが浮いてきた。溶け出したタンパク質が凝固したものだろう。

出汁の濃い味は、薄めてもよいくらい。

イリコは地元産でドンコや昆布は産地から取り寄せた。やはり市販の普及品には出せない力がある。それらが今回の味を下支えしていることは言うまでもない。

恐るべし、炭酸水。

感染の波

f:id:taitanuki:20211001100057j:plain

【感染の波】

国内感染の波を表したNHKのグラフです。東大の児玉教授が感染の波は三か月ごとにやってくるといいました。確かに今年に入って強いデルタへ株に置き換わり、三か月ごとに波があります。季節が替わるごとにどんどん波の高さが大きくなっています。このままでいくと次の波は11月ころの第6波で、さらに大きな波がくるかもしれません。

波に合わせるように重傷者数も増えていますが、死亡者は減ってきています。ワクチンと治療効果でしょう。

ワタシャ専門家じゃないです。だから専門家の意見を参考にしながら自分なりの自衛はしないといけないと思っています。11月の6波が必ずやってくると思っています。そしたらまた県外マタぐなとか営業時短などの規制がかかるでしょう。だから今のうちにやれることはやっておこうと思います。

① 旅に出るなら今のウチで人の少ないところ

② 不安な症状があるところは今のうちに医者にかかる

③ お得意さま回りは今のうち

④ 子や孫に合うのは今のうち

⑤ 家で出来ることは次の波がきたとき

⑥ なまった体を動かそう

www3.nhk.or.jp

ソーダストリーム 再開しました

 

炭酸水メーカー「ソーダストリーム」を復活させました。

旨さはウィルキンソンなどのメーカー品にはかないませんけど、カラのペットボトルが増えてかなわんので!(^^;)!。

ただ利点は、いつもシュワシュワの炭酸が味わえるということです。市販品は封を切るとどうしてもだんだん抜けてきますからね。

ブッブッブという音は充填完了というサインです。

ではペットボトルを買うか、これを使って炭酸水をつくるのとどっちが安くあがるか。

結論からいいますと、あまり変わらないんじゃないかと思います。理論上はこっちの方が安くあがりますが、シュワシュワを味わうためにしょっちゅう充填させますからガスが無くなるのも早いと思います。

これはミスターマックスで買いました。専用ボトルも含めて1万円くらいだったと思います。ガスボンベは1本ついてます。無くなればカラボンベは引き取ってくれて、新しいボンベと交換します。1本が約2000円。

日本の幽霊 ふたつのタイプ

f:id:taitanuki:20210922112244j:plain

f:id:taitanuki:20210922112309j:plain

池田彌三郎の「日本の幽霊」では、幽霊は二つに分類できるという。

ひとつは、人を指して出てくる幽霊。どこにいようと出てくる幽霊。恨みがあろうがなかろうが関係ない。どこまでも追っかけてくる。

もうひとつは、決まった場所に現れる。だからそこに行かない限りは出ない。

このふたつの幽霊は、ある書物が原点となっている。ひとつは「菊花の約(ちぎり)。もうひとつは「浅茅の宿」。両方とも江戸時代後期に書かれた上田秋成の「雨月物語」入っている。

我が解釈で恐縮だが、人を指して出てくる幽霊で有名なのが「四谷怪談」。夫に殺されたお岩が復讐のために現れる。日本でもっとも有名で恐れられている幽霊。これを上演するときに、お岩さんのお墓にまずお参りしないと死者が出ると恐れられている。実際に起こっているそうだ。

その場所に現れる幽霊で有名なのが「番町皿屋敷」。旗本の男が女中のお菊に妾になれと迫る。拒否すると嫌がらせに、10枚あるはずの皿が一枚足りないとなんども数えさせるのである。そして一枚足らない罰に中指を切り落としてしまう。そしてお菊は井戸に身を投げて死ぬのである。それ以降、夜な夜な井戸の中から皿を数える声が聞こえるようになる。一枚~二枚…最後の10枚目になると、皿がない~と言ってガラガラガラ~と井戸へ落ちていく。そして次の夜になるとまた一枚~二枚~と繰り返し、10枚目になるとガラガラガラ~と落ちていくのである。あ~こわ!(××)!。

※お菊の絵はフリー素材です。どうか祟りませんようにm(__)m。