鯛の里日記

周防大島町沖家室島の民泊体験施設・居酒屋の日常と、宮本民俗学の学びを書きます。

お孫ちゃんの卒業祝い

f:id:taitanuki:20210307161539j:plain

f:id:taitanuki:20210307161554j:plain

孫の卒業祝いに好きな魚を目いっぱい食べさせたいと言うお客さんの希望で、ウチワエビを鍋イッパイに蒸しました。デカい(๑°ㅁ°๑)✧

 

鯛の里のご予約ページは
沖家室水産のページは
メール
shouji108jp@gmail.com

父の命日

f:id:taitanuki:20210305120826j:plain

きょうは父の命日。2年前のきょうでした。今年でもう三回忌です。遠い日のように思えます。

写真は2001年1月の共同通信から配信された連載企画「どっこい生きていく―高齢化率日本一の町で」で、上野敏彦記者が父の船の乗り込み撮影したものです。これが遺影となりました。

当時の記事です。

―――

 「カクン、カクン」…。釣り糸に振動が伝わってくると、青い海底から三十センチを超すピンクのマダイが一匹、二匹と踊るように浮上して来た。真冬にしては暖かな日差しが照りつける山口県東和町の沖家室島沖。松本春久さん(74)が瀬戸内海有数の一本釣り漁場で、伝統のフカセ釣りを始めて四十年になる。

 「国民年金に入った期間が短いから、毎日沖へ出ないと生活できんのです。でも、定年になってUターン後漁師になった人の何倍も釣果がある」と言って日焼けした顔をほころばせた。

 この季節のタイは小ぶりながらも、脂がよく乗り、特有の甘さを感じさせ、グルメに評判だが、以前ほど良い値がつかず、漁獲量減少も悩みの種という。

 戦後の一時期、ラジオの修理で生計を立てた松本さんだが、現金収入の大きいこの道へ。夜明けに一人で沖へ一・二トンの船を出し、引き網でエサのエビをとり港へ戻った後、NHKの朝の連続ドラマ「オードリー」を見てから一本釣りに出る。

 「海上で突風に遭った時ほど怖いものはない。私ら年やけん。無理しないことが長続きのこつ」と話す。

 かつて遠洋漁業の基地として栄え、ハワイや台湾への移住も多かったこの島で、沖へ出る漁師は八十四歳を最高に約五十人いるが、七十代が最も多いという。

 一九九一年秋、大型台風が襲来した時、東和町の伊崎という高齢者ばかり二十数世帯が住む集落では堤防が決壊し、ミカン畑は潮と風に洗われ、全滅した。

 「今から経験のない野菜作りで苦労するより、ミカンを作り直した方が早い。七十歳で苗を植えても七十五歳で収穫できる」。元町議で自らも栽培農家の叶井和夫さん(68)の呼びかけに、お年寄りたちは立ち上がった。東京市場で名の売れた時代もある伊崎ミカンへの強い思いからだ。

 背丈が低く、管理しやすい品種の苗木を植え、丹精こめて育てた結果、山は再び黄金色に輝くようになり、昨年の収穫量は台風襲来時の前年を上回った。八十二歳の男性もミカン山で元気に汗を流している。

 定年制がない「生涯現役の島」で、一次産業に誇りを持ちながら、夢をつなぐ人たち。後継者難はどこも同じだが、「エサに食いついたら底へ底へと逃げようとするタイとのやりとりがだいご味」と言うのはUターン組で、島で一番若い漁師の横山和明さん(48)。

 「今ならベテランの現役から直接秘けつを教わることもできる。都会では失業者が多いが、住宅や船を貸して漁師の見習いをやってもらえるような仕組みを作れば、仲間も増えるかもしれない」と話している。

姫貝のお味噌汁

周防大島町浮島(うかしま)の漁師さんにスダレガイをいただきました。「これ僕らが捕っている姫貝といいます」。現地では姫貝と呼んでいるようです。刺身でもいただける大型の二枚貝です。美味しいです。

f:id:taitanuki:20210305084311j:plain

 

鯛の里のご予約ページは
沖家室水産のページは
メール
shouji108jp@gmail.com

私にとってのYouTube

 
 

「松本さんはYouTubeを始められたんですね」

実を言いますと、最初にYouTubeへアップしたのはもう10年くらい前。そのころまだネット環境はダイヤルアップでジーコジーコ・キュルキュルの世界。まったく良くなくて、画像もすごく粗いで笑っちゃうような時代でした。

だから最近になってまた始めたという訳ではなくて、今とは別のアカウントを使っていたのです。これがそれです。結構貴重な映像も含まれています。

www.youtube.com

今また頻繁にアップするようになったのは、ネット環境がすごく良くなったというのが一番のポイント。使い放題だし、早いしモバイルWi-Fiもあるのでどこでも使える。

話は飛びますが、宮本常一の代表的な著書に「私の日本地図」があります。全15巻で第一巻の初版が昭和42(1967)年「天竜川に沿って」。現在、リニアの工事で山をくりぬき、現地でたいへんな環境破壊が行われているところです。僕の友人がいる大鹿村がその舞台です。その映像があります。ご覧になってください。

www.youtube.com

この中に出てくる反対運動の先頭にたっているイギリス人のサイモンさん。僕の友人の旦那さんです。友人は現地のろくべん館という民俗資料館の学芸員をしています。宮本常一を師と仰ぎ、周防大島にもたびたび足を運んでいます。市民の手による映像がこれほどの力を持つ時代というのをひしひしと感じます。

大鹿村の話はまたオイオイとして、手元に「私の日本地図6 瀬戸内海」があります。昭和44年6月20日に発行された初版本です。写真がふんだんに使われて、宮本先生は写真家ではありませんが生涯撮った枚数が10万点といいます。その写真一枚一枚が時代を切り取っています。※「周防大島」もあるはずなんだけど、どこへ行ったんだろ!(^^)?

そこでフと思うのです。これは今でいうブログじゃなかろうか。写真日記といってもいいでしょう。ブログの先駆者は実は宮本常一ではなかろうかと。もし宮本先生が生きていたらきっとスマホを使いブログをやっていただろうし、YouTubeもふんだんに使っていただろうと思います。

ただ僕は民俗学者でもなんでもない。せめて自分の記録くらいは撮りためておこうと思った訳です。日記をつけ始めたのが中学生。今も続いています。FacebookTwitterYouTubeもその延長のようなものです。

子どもたちの小さいころとか、自分の若いころの過去の写真や映像を見るのは楽しいものですよ。

※ちょっとオマケですが、この本になんと宮本先生の直筆のハガキがはさまっていたのです。偶然です。これだから古本めぐりってのは面白いです。

f:id:taitanuki:20210303113314j:plain

f:id:taitanuki:20210303113333j:plain

f:id:taitanuki:20210303113347j:plain

鯛の里のご予約ページは
沖家室水産のページは
メール
shouji108jp@gmail.com

延命の滝に上がった!(^^)!

YouTubeちゃんねるにアップしましたー!(^^)! チャンネル登録をよろしくお願いします。
周防大島 島ジイの島くらし】
21.2.28延命の滝に上がった

春遠い如月の冬

「木枯らし」

瀬戸内で木枯らしという表現はおかしいが、そう思うほど北風が強い。寺山の木々はまるで連獅子の舞のようだ。昨夜から海側の窓がガサリガサリと音がする。春まだ遠い如月の冬。

www.youtube.com

 

鯛の里のご予約ページは
沖家室水産のページは
メール
shouji108jp@gmail.com

島ジイのLetsクッキング トマトスープパスタ

YouTubeチャンネル
【島ジイのLetsクッキング】
トマトスープパスタ編~

 

鯛の里のご予約ページは
沖家室水産のページは
メール
shouji108jp@gmail.com